才能ある小説家を救いたい【クリエイティビティの副作用】

エッセイ

クリエイティビティの高い人ほど情報の取捨選択ができないらしい。

こう云うと何だか悪いことのように聞こえるけれど、一概にそうとも云えません。選り分けができないからこそ、頭の中に雑多な情報がストックされて、普通の人ならまず関連性を思いつきもしないピース同士を繋ぎ合わせて、独創的なアイデアを生み出すことができます。

スポンサーリンク

クリエイティビティが高い人の特徴

一方で情報の取捨選択ができないということは──誹謗中傷、事実無根の悪口や陰口だとか、そういうストックしておいたところで何の得にもならない情報まで頭から捨て切れないということでして。

ときには、関連性の希薄な情報同士を組み合わせて、わざわざ自分の首を絞めるような解を導き出してしまうことさえあります。

その気になれば、私たちはどこからでも自分が傷つく理由を見つけることができるのです。

だから、この創造性とやらを物書きに必要な才として捉えるのであれば、あなた自身を追い詰める胸中にひしめくあれこれさえも、持って生まれた才として、才を持って生まれた一つの”証”として解釈してゆくほかないのかなーと勝手ながら思いはじめました。

小説と才能【クリエイティビティの高さが物を云う?】

とはいえ、私昨日小説を久々に書いて改めて思ったのだけれど、才能を創造性の高さと解釈した場合、そもそも小説書くのに才能要るのかなーと。

自分がその分野に馴染みがないから余計にそう思うのかもしれないけど、たとえば芸術家とか、作詞・作曲家とか、お笑い芸人や俳優とか、ああいう職業はもう確実に才能要るじゃないですか(もちろん、ここで挙げたクリエイティブ職の類が才能のみで活躍していると云いたいわけではない)? 

ただ、物書きに関しては──そもそもコレ才能要る? 単なる技術の集合では? みたいな感じがここ最近してきて。

とはいえ、人がクリエイティブな職に就けるか否かは遺伝次第という研究結果もあります

実際、今大成している物書きのうち全員が全員、類稀なる創造性を有しているかーとなったら多分そんなことはないだろうしなぁと。

もちろん題材選びとか、単純な言葉選びに感性が表れる部分はあるだろうけど、この年になって──物書きって云うほど持って生まれたものが影響してこないというか。

ただの努力の塊では? 日々の積み重ねでは? という気がしてきた。あとは緻密な計算も含む。

まあ、文字でしか表現できないという縛りがある時点でね?

──そう、昨日小説書いたのですよ。でね、偶には書かないとダメだなーって思いました。

というのも、同じ「書く」でもエッセイ書いているときとは違う脳の部位を刺激される感覚があるので。

その刺激が新しいエッセイのアイデアをもたらしてくれるかもしれないし、そのエッセイを形にすることで得られた刺激が、また新しい小説のアイデアや、あるいは全く関係のない仕事のアイデアを生んだり──とかね? 

そういう意味で、脳みそを満遍なく使うのはとても大事。

クリエイティビティが高い人は病みやすい

兎角とかく──創造性の高い人ってナイーブですからね。

お笑い芸人に躁うつの特徴持つ人が多いのも、そういうことなんじゃないかなって私は解釈しています。

だから、周りにそれっぽい人がいるときは言葉かけに気を付けましょう──というのももちろんあるのだけれど。

もし、これを読んでいるあなたが「情報の取捨選択がヘタクソ」「一見関連性皆無の情報同士を結び付けて、自分を追い詰める独自のロジックを組み立ててしまう」という特徴に覚えがあるのであれば、これはもう何かしら対策を検討するか、受け容れられるかどうかは別にして、そう”解釈”するほかないよな──と。

頭がいい人はメンタルの浮き沈みが激しい

加えて、頭がいい人はメンタルの浮き沈みが激しいという研究もあります。

参加者1881人の8歳の時点でのIQと22歳の時点でのメンタルの状態を調べたデータを統計処理したところ、IQが高い人は大人になってからうつの症状が出やすいと判明しました

大人になってから鬱が発症しやすい人は子どもの頃のIQが普通の人よりも平均10ポイント高いということが明らかになっています。

そういう意味では、IQが高くクリエイティビティを要求されるお仕事に就いている方などは殊更病みやすいわけで。

日々溜まってゆくストレスを消化する必要があります

ストレスが溜まると無駄遣いが加速するかも─という警告です

平素より実践してもらいたいストレス解消法100選。

クリエイティビティを高めたければ部屋を散らかせ

とはいえ、凡才は凡才で何かクリエイティビティを高める方法はないかしらんと考えあぐねているわけで。

そんな人たちにヒントを与えてくれるのが、ミネソタ大学の心理学者を中心とするマーケティング科学の専門家チームです。

一般人が手っ取り早くクリエイティビティをアップさせる方法──それは、部屋を散らかすです。

散らかった部屋が問題解決能力を高めてくれる

件の実験では、まず被験者たちに必要最低限のものが置かれた綺麗な部屋と、デスクから床まで散らかり放題の部屋を用意して、そこで課題をこなしてもらいます。

ピンポン玉の新たな用途を考えてほしいという内容です。被験者が思いついたアイデアは、創造性の度合いで採点されます。

結果、散らかった部屋で考えた被験者の方が、整然とした部屋で考えた被験者よりもオリジナリティ溢れる用途を数多く考案したとのこと。

たとえばピンポン玉を2つに切って製氷皿として使うなど──確かにオリジナリティ溢れるアイデアですね

無秩序はクリエイティビティを高め、秩序は人を保守的にさせる

もう一つ別の実験。次は被験者にレストランのメニューについて意見を述べてもらいます。

  • 「クラシック・ヘルス・スムージー」
  • 「ニュー・ヘルス・スムージー」

要は単語がひとつ異なるだけの二種類のフルーツスムージーどっちがいいと思う? という質問をしたのですが、整然とした部屋の被験者が「クラシック」を選ぶ傾向にある一方、散らかった部屋の被験者はその反対だったとのこと。

散らかった部屋にいた被験者の方が、新しいものをすんなり受け入れる傾向にあったのです。

新しいものは受け入れたいが、部屋を散らかすのに抵抗がある方はこちら

以上の実験結果から、秩序は人を保守的にする一方、無秩序は人を独創的にするようです。

というわけで、もしあなたがクリエイティビティを高めたいと思うのであれば、いっそ部屋を散らかしてみてはいかがでしょう。あるいは自堕落に過ごすか。

そうすれば、そのうち部屋が散らかって眠れる獅子という名の創造力が覚醒したりしなかったりするかもしれません。

ではまた!

今回の主な参考文献です。世間一般において「悪い」とされている行動のメリット・デメリットについて理解したい方向け。

エッセイ
スポンサーリンク
管理人
kino tadashi

心理学と科学と妖怪学をこよなく愛する物書きの端くれ。
曲がりなりにもwebライティングで収入を得ているので、端くれの自称くらいは許されるだろうという認識でいる。
webライター、ブログ等で生計を立てるべく日々模索中。
WEBライター検定3級・ビジネス事務検定・校正技能検定初級取得済。

ムラサキゴテン

コメント

タイトルとURLをコピーしました