【科学的に正しいデトックス】コーヒーが肝臓にいいぞ!説【メンタリストDaiGoに学ぶ】

エッセイ
この記事はこんな方におすすめ
  • お酒をよく飲むので肝臓が心配。
  • 肝臓を回復する食べ物ってないの?
  • 脳やからだを綺麗にする方法が知りたい。

デトックスの要と云えば肝臓。真面目にデトックスしたいのであれば、まずは肝臓を労わるのが一番です。

そんな肝臓にコーヒーがいい効果をもたらすぞ! というお話をします。

メンタリストDaiGoさんの動画をもとに解説します。よろしくお願いします。

科学的に最強な【肝臓復活】デトックス
スポンサーリンク

【コーヒーの効果を知る前に】そもそも肝臓とは何か

肝臓とは人間のからだで最も大きな臓器であり、以下のような役割を担っています。

  • エネルギーの貯蔵
  • 胆汁の合成・分泌
  • お酒や薬などを解毒
  • 老廃物を体外に排出
  • アンモニアを無毒化

人体にとって有毒な物質であるアンモニアを無毒化して、尿素に変えるのも肝臓の役割です。

要は、常に大忙しの臓器ってことですね~

肝臓は常に大忙しである以上、過度な負担がかかっていたとしても頑張らざるを得ません

その性質ゆえ肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれており、肝臓が劣化すると体内が毒素だらけになった結果、朝からだるい、疲れが取れないなど色々ヤバい状態に陥ります。

【科学的に正しいデトックス】コーヒーが肝臓にいいぞ!説

エラスムス医療センターは、ロッテルダム研究から2,400人分のデータをもとに分析を行いました。

ロッテルダム研究とは

オランダ在住の人たちを45年間に渡って追跡調査した大規模な研究です。

それによると、コーヒーを普段からよく飲んでいる人ほど肝臓に対するダメージが低かったとのこと。

コーヒーは肝臓に良い効果をもたらす

件の研究では参加された人たちが平素よりどういった食生活を送っているのか、アンケート調査をしたり定期的に血液検査を行ったりしておるわけですが。コーヒーやお茶の消費量と肝臓の健康状態についても調べておるわけでして。

結果、コーヒーを日常的によく飲んでいる人ほど肝臓のダメージ量が少ないと確認されたのだとか。

もちろんここでは喫煙や運動習慣といった健康に影響を与え得る要素は調整されておりますので。「コーヒー=肝臓に良い効果をもたらす」ことが証明されたわけです

肝臓が気になる人はぜひコーヒー習慣を

従来の研究でも「コーヒーは肝臓病の人たちに対して良い効果をもたらすぞ!」というお話はあったわけですが、これはあくまですでに肝臓の劣化した人たちがコーヒーを飲むことで肝臓回復しますよ~というお話でした。

肝臓特別悪くない人でもコーヒーが良い効果をもたらすと判明した研究は何気にコレが初なわけです

今回の研究は観察研究ですので信憑性が気になるという方もいるやもしれませんが、従来の研究でも肝臓を患った人にはコーヒーが効くぞという結果は示されておるわけでして。やはり肝臓にメリットのある飲み物なのではないかと。

なぜコーヒーが肝臓回復につながるのか

これが何とビックリまだよくわかっていません。

コーヒーはカフェイン以外にも有効な成分がたくさん含まれた、非常に抗酸化作用の高い飲み物です。肝臓はどうあれ充分飲む価値はあるのではないかと。

コーヒーの摂取量と肝臓がんのリスク

2013年のメタ分析にコーヒーの摂取量と肝臓がんのリスクの関係性について調査したものがあるのですが、

  • 1日1杯のコーヒー ➡ 肝臓がんのリスク4割減
  • 1日3杯のコーヒー ➡ 肝臓がんのリスク5割減

という結果が確認されております。

また、エジンバラ大学が218件のコーヒー研究をさらに分析したメタ分析によると、コーヒーを1日3杯~4杯飲む人はそうでない人に比べて心疾患で死ぬリスクが19%減、癌の発症リスクが18%減、非アルコール性脂肪性肝炎のリスクが29%減、2型糖尿病のリスク30%減、その他にも色々良い効果があるよと発表されています。

あと、人は考え事をしていると脳の燃えカス=脳のゴミとも言うべき「アミロイドβ」という物質が発生してしまうのですが、クレンビル脳研究所の研究によるとコーヒーの焙煎過程で生まれる苦味成分「フェニルインダン」はアミロイドβが脳に溜まるのを防ぐ、アミロイドβの阻害剤とも言うべき素晴らしい物質であることがわかっています

まとめ:【肝臓に効くだけじゃない】コーヒーは最強のデトックス飲料

コーヒーのメリットをまとめるとこんな感じです。

  • 肝臓を綺麗にする。
  • 脳のゴミを除去する。
  • 癌や糖尿病の発症リスクを抑える。

普段からお酒をよく飲む人でなくとも脳や身体を綺麗にしたいと思う方は、1日1~3杯のコーヒー習慣を始めてみてはいかがでしょうか。参考にしていただけますとこれ幸いです。

もちろんコーヒーにはカフェインが含まれているので、摂り過ぎにはご注意。カフェインに対する感受性は個人差があるゆえ、気になる方は下記リンク先までどうぞ。

カフェイン感受性が気になる方はこちら

あるいはデカフェのコーヒーでも同様の恩恵が期待できますので、カフェインはできるだけ摂りたくないという方はデカフェのコーヒーをどうぞ。

ではまた~。

エッセイ
スポンサーリンク
管理人
kino tadashi

心理学と科学と妖怪学をこよなく愛する物書きの端くれ。
曲がりなりにもwebライティングで収入を得ているので、端くれの自称くらいは許されるだろうという認識でいる。
webライター、ブログ等で生計を立てるべく日々模索中。
WEBライター検定3級・ビジネス事務検定・校正技能検定初級取得済。

ムラサキゴテン
タイトルとURLをコピーしました