読書はストレス解消法として有効だが”最強”ではない【68%軽減の真実】

エッセイ
この記事はこんな方におすすめ
  • ストレス解消法に読書がいいって聞くけど本当に効果ある?
  • たった6分の読書でストレスが68%も軽減されるってマジ?

どうもこんにちは、キノタダシ(@GtH4uTlfJ5mFvlL)です。

結論に代わって執筆者のスタンスをお伝えすると

読書がストレス解消法として有効であるとは思うけれど、コレが最強ってどうなの?

くらいの感じです。

ネタバレすると、読書は最強のストレス解消ツールであると今後も信じて生きてゆく予定のある方は読まない方が吉かと。

スポンサーリンク

たった6分の読書でストレスが68%軽減される?

読書こそ最強のストレス解消法だ!」を唱えるにあたり、よく根拠として提示されるのがイギリスのサセックス大学の研究。

筆頭著者は、David Lewis氏。

より正確に云えば、David Lewis氏が研究主幹を務める研究機関マインドラボによる研究です。

マインドラボは、サセックス大学のコンサルタント会社でもあります。

内容としては、どの活動によってストレスレベルが一番低下するかを調べてみた!というもので。

以下は、TheArgusというイギリスの地方新聞からの引用。

He found that subjects only needed to read, silently, for six minutes to slow down the heart rate and ease tension in the muscles.

It actually got subjects to stress levels lower than before they started.

Listening to music reduced the levels by 61%, having a cup of tea or coffee lowered them by 54% and taking a walk by 42%.

Playing video games brought them down by 21% from their highest level but still left the volunteers with heart rates above their starting point.

その結果、心拍数を下げ、筋肉の緊張を和らげるためには、6分間、静かに読書をするだけでよいことがわかりました。実際、開始前よりもストレスレベルは低くなりました。

また、音楽を聴くと61%、お茶やコーヒーを飲むと54%、散歩をすると42%もストレスレベルが下がりました。

ビデオゲームをすると、最高値から21%下がりましたが、心拍数は開始時よりも高くなりました。

Reading can help reduce stress, according to University of Sussex research | The Argus

続いて、COMVITAからも引用。

A 2009 study [1] found that reading for as little as six minutes can reduce stress by up to 68 percent.

It worked better and faster than some other relaxation methods, such as listening to music or having a hot cup of tea.

2009年の研究[1]によると、わずか6分間の読書で、ストレスを最大68%減らすことができます。

音楽を聴いたり、熱いお茶を飲んだりするなど、他のリラクゼーション法よりも効果がありました。

How Reading Can Reduce Stress – Comvita

検証の結果、

  • ゲーム:21%
  • 散歩:42%
  • お茶やコーヒーを飲む:54%
  • 音楽鑑賞:61%
  • 読書:68%

つまり、たった6分でストレスを68%も軽減する読書こそ最強のストレス解消法だ!! という結論に至ります。

論文はどこへ消えた?

とはいえ、下記ブログでも指摘されているのですが──。

嘘だった!?読書でストレス軽減の真実は / True or False…. Stress Relief by Reading!

肝心の論文が一向に見つかりません

Google ScholarやPubMedでもヒットしないため、必然この研究の引用元はすべて論文以外──という何やら怪しげなところに落ち着きます。

論文が見つからない以上、

  • 被験者はどういう人たちなのか
  • 集められた被験者は何人なのか
  • どうやってストレスレベルを測定したのか

などの重要なポイントがハッキリしないのです。

読書がストレス解消法として最強認定されたワケ

ここで、興味深い結論を出しているブログに出会ったのでリンクしておきます。

結論だけ書くと、「この話は査読付きの研究でもなければ学術誌に載ったわけでもないマーケティング的なもの」です。

読書は68%もストレスを軽減するのか、読書の可不可

とどのつまり、査読付き論文でないどころか、学術的な報告すらされていないため、Google ScholarやPubMedでいくら検索したところで見つからないのは当たり前──だというのです。

この研究はマース社というチョコレート会社からの委託案件で、リラックス効果とチョコレートを関連付けて広告をするために意図された研究である。

その後、マース社は研究内容をもとに、チョコを買うと小説を一つ読めるというキャンペーンを展開して、売り上げを伸ばしている。

読書は68%もストレスを軽減するのか、読書の可不可

マース社が研究結果を元に

本のストレス軽減効果が一番高いのか──。

よしっ、チョコバー買ったら小説もらえるってキャンペーンにしたろ!

としたのか、もとより「本とリラックス」をテーマに進める予定だったのかは定かでありませんが──。

兎角この研究が企業案件だったということだけは確かなようです。

ちなみに、Information Management Associatesの調査によると、

この実験の参加者は熱心な読書好きの16人だったそうです(確定演出やんけ)

読書はストレス解消法として有効だが”最強”ではない

これによって、読書のストレス解消法としての評価が失墜したかと云うと別段そんなことはなく。

アメリカ心理学会の調査した、科学的に正しいストレス解消法にちゃっかり名を連ねていたりするので。

冒頭で述べた通り、ストレス解消法として有効なのはわかるけどコレを”最強”と崇め奉るのはなんだかなーという心境。

何より、読書がストレス解消法として最強であろうとなかろうとぶっちゃけ困らないんですよね。

本って所詮面白いから読むわけで。

ストレス解消を目的に腹くくって読書!ってなんだかおかしいじゃないですか。

読書のメリットを発信するインフルエンサーに伝えたいこと

よく読書好きブロガーやYoutuberが、他者に読書を勧める上で、

  • 洞察力が鍛えられる
  • 思考力が身につく
  • 問題解決能力が高まる
  • 他人の感情を正しく解釈するのに役立つ

などのメリットをわんさか挙げるのですが──。

読書はメリットがたくさんあるんだから、みんな絶対やった方がいい!」という情報発信自体が、読書嫌いを増やしているように思えてならないんですよね(このあたりは「みんな絶対やった方がいい!」からKindleやらAudibleやらを売らなければならないオトナの事情もあるわけですが──)

だって、読書初心者が頑張って1冊読み終えたのに洞察力も思考力も問題解決能力も感情を解釈する能力も何一つ得た実感持てなかったら

イヤ何だったんだこの時間──

ってなるじゃないですか。

本を読むという本来誰にでもできる行いを崇め奉るから、読書初心者が過度な期待を持って本を手に取ってしまうんじゃないかなぁ~と思う今日この頃。

所詮文字の集合だと思って、何か学びがあればラッキーくらいに構えてもらうのが一番ではないでしょうか。

繰り返しになりますが、読書はストレス解消法として有効です。

ただ、ストレス解消法として”最強”である──という点に関してはぶっちゃけどっちでもいいです。

今回はそんな感じ。

ではまた~。

エッセイ
スポンサーリンク
管理人
kino tadashi

心理学と科学と妖怪学をこよなく愛する物書きの端くれ。
曲がりなりにもwebライティングで収入を得ているので、端くれの自称くらいは許されるだろうという認識でいる。
webライター、ブログ等で生計を立てるべく日々模索中。
WEBライター検定3級・校正技能検定初級取得済。
一応カクヨムgoodレビュワーらしい。

ムラサキゴテン
タイトルとURLをコピーしました