【楽曲】下を見て強くなれるのも また人だからさ『雨き声残響』

おすすめ楽曲

【楽曲紹介】

『雨き声残響』 作詞・作曲・編曲:Orangestar

スポンサーリンク

『雨き声残響』

自分より下を見て安堵するのは悪か──というお話。個人的には、全くもって問題ないと思うのですよ。

私はこの人よりはまだマシだなって思った上で、その人を傷付けようだとか、不当に貶めてやろうだとか、そういうふうな動機で何かしらアクションを起こさない限りは。

むしろ、一時的な(ここ重要)下方比較によって精神の安寧が得られるのなら、自分の気持ちがちょっとでも軽くなるのであれば、これってメンタルケアのテクニックの一つとして推奨されて然るべきじゃね──とさえ私は思っているわけでして。

SNSにもメリットはある【使い方次第】

事実オハイオ州立大学の実験で、凹んでいる参加者に自分より「いやコイツヤベーだろ」と思わざるを得ない情報ばかり発信している架空のSNSアカウントを見せたら落ち込み度が改善した──なんてお話がある。

実験の内容としては、まず参加者全員にテストを受けてもらって、そのテストの出来不出来を問わず、あなたたちは成績良かったよと告げるチーム、成績悪かったよと告げるチームに分けるのね。

それから、SNSを見てもらう。

すると、前者は自分より社会的ポジションの高い、含蓄ある系の情報を発信するアカウントに目が向きがちだったのに対して、後者は自分より社会的ポジションが低い、あるいは個人的な悩みだとか不安だとか、そういう情報ばかりを発信しているアカウントに目を向ける傾向が高かった。

つまり、人間って気分が落ち込むと無意識のうちに自分の現状より苦しいポジションにいるであろう人達を見て、「アレに比べたらまだマシだわー自分」って再起を図ろうとする生き物なのよ。

もちろん、ここでしているのはあくまで傾向の話なのだけれど、誰だって少なからずそういう側面はあるでしょう──というお話。

ちなみに気分がノッてるときほど上を見ろというのも結構大切。

褒めに褒めまくられて「気分いいわー。もう負ける気しねぇわー」となってるときに、自分より社会的に優位なポジションにいる人や明らかに自分より頭の良い人のプロフィールなんかを見ると冷静になれるからね。「あー上には上がおるんやなー」って、調子に乗らなくて済むから。

人の性格に表裏などない

それにね、これは自作『僕と千影と時々オバケ』最終話『あの日僕は千影と何を約束したのか/あの日私は陽さまの願いをどう解釈したか』でも触れたのだけれど──(露骨な宣伝乙。とはいえこのエピソード、この作品の実質”最終決戦”なのでここだけ読んでも意味不明ぞ)人間のパーソナリティに表と裏なんて存在しないんだよ。

たとえばあなたが誰かを見下して、心の中で嘲笑っていたとしてよ。それ、百パーセントそう思ってる? あなたが自分の内面を客観的に観察したとき、そこにはその誰かさんを嘲笑しているあなたしかいない? 

私──(自称科学をこよなく愛する者としてこの言葉のチョイスはどうかと思うが)それは絶対あり得ない思うんだよね。

誰かを見下すあなたと一緒に、その誰かをただ可哀想だなって見ているあなただとか、自分はこうならないように気をつけようって反面教師にしようとしているあなただとか、なんなら手を差し伸べてやりたいと思っているあなただとか、隅っこの方で今日晩飯何食べよっかなーって思っているあなただとか、同じタイミングで何人ものあなたがそこに存在しているはずなんだよ。

表も裏もないってのは、つまりそういうこと。

人間の脳には一つの性格しかないのではなく、いくつかモジュールがあって。そのときどのモジュールが機能しているかによって、ある程度性格って変わってしまうものだから。

狡いことや酷いことを考えてしまったとしてもそれがあなたの内面全てではないから、あなたの構造はきっとあなたが把握しているよりずっと複雑だから。

「下を見て強くなれるのも また人だからさ」

──さて、今回二度目の楽曲紹介回なのだけれど、私はOrangestarさんの『雨き声残響』がどちゃくそ好きでして(ちなみにリンク先が原曲でなく歌ってみたなのは彼女が私の推しであるからに他ならない)。

強いてどこが好きかピックアップしろと云われたらタイトルにも書いた「下を見て強くなれるのも また人だからさ」ってところだよね。

これ初めて聴いたとき、ホントヤバいと思った(語彙力デバフ)。

私らって何となく自分より下を見て優越感に浸るのはただただ悪い行いとして刷り込まれてきたところあるじゃないですか? あの「いや云ってることはまあ”正しい”んだろうけど何だかなー」ってモヤモヤを払拭してくれたというか、決して全肯定ではないのだけれど、それもまたいいんじゃない──ってさらりと流してくれる感じが実に心地いいなって。

「それわかるー」と共感できる歌詞よりも、自分の固定観念を取っ払ってくれる歌詞の方が好きなんだよな──とこれを書きながら改めて思ったのでした。

おすすめ楽曲
スポンサーリンク
管理人
kino tadashi

心理学と科学と妖怪学をこよなく愛する物書きの端くれ。
曲がりなりにもwebライティングで収入を得ているので、端くれの自称くらいは許されるだろうという認識でいる。
webライター、ブログ等で生計を立てるべく日々模索中。
WEBライター検定3級・校正技能検定初級取得済。
一応カクヨムgoodレビュワーらしい。

ムラサキゴテン

コメント

タイトルとURLをコピーしました