【楽曲】親愛なるあなたへ 『爆弾』

おすすめ楽曲

【楽曲紹介】

『爆弾』 作詞・作曲・編曲 カンザキイオリ

【歌ってみた】爆弾 covered by 花譜
スポンサーリンク

親愛なるあなたの爆弾になれるでしょうか

初めて聴いたときはそうでもなかったのだけれど、「あなたを思うたび嫌いになって嫌いになって苦しくなってそしてまた好きになります」という歌詞がいまどうにも刺さる心境でして。

贅沢なことに私らって誰かから好意を向けられたとき、あるいは誰かに好意を向けている最中、「うっわ、面倒臭ぇ~」と思ってしまう瞬間ってないです? 

前者だと──気ぃ張ってる夜勤中零時を過ぎてから携帯に掛かってくる「どうしても声が聴きたくて」みたいなヤツね。

後者だと相手を思いやるあまり、言葉かけの随所に気を揉んでしまって、「待って。そもそもこの思考時間自体要る?」とか、そんな疑問がついつい頭を過ぎってしまうみたいな。

だから、それこそ打ち上げ花火が咲いては消えるくらいのつかの間、私らってその人のこと嫌いになる一瞬ってあるよな──という気がする。

で、また好きに戻ってくると(笑)

人は助けた相手のことを好きになる

この流れ自体仕方がないと云えば仕方がなくて。

人間は自分を助けてくれた人以上に自分が助けた人を好きになるようにできている。「あっ、私お醤油取りますよ~」と気を利かせてくれる人よりか、「ゴメン、醤油取って」とちいさなお願いをしてくる人の方をより味方として認識しやすいようにできている。

だから、主人公が身をていしてヒロインを守るシーンとか、傍観者目線で見ると「これヒロインの中で主人公に対する株爆上がりでしょ~」と思いがちなのだけれど、心理学的に見ると「こんだけ躰張って助けているということは、俺マジでこののこと大切なんやろうなぁ」という具合に、むしろ主人公の中でヒロインに対する株爆上がりしてるんだよね。

認知的不協和の解消理論

こういう行動と認識の辻褄つじつま合わせを「認知的不協和の解消理論」と云いまして。

そう考えると、何だか誰かを想うこと自体どこか物寂しくなってくるな──という人、一定数いるかもわからんのだけれど。私は、露ほどもそんなふうには思っていなくて。

もし、人類が助けた人をどんどん嫌いになる仕組みだったらと想像してみ? もう惨憺さんたんたる有様よ? 

そもそもこの辻褄合わせが何で起きるかって、そうしないと人類って群れを成せなかったわけだから。一人ひとりの生存能力が乏しい分、ナチュラルに助け合う構図を形成していかないと生きては来られなかったわけだから。

きっかけが何であれ、誰かを好きになる気持ちの変化に抗わなくても良いのではないかなぁと

感情は他人から投げ入れられるものではない

この行動と認識の辻褄合わせが、人類の今とこれからを繋いでゆくのだから、これはもうしゃあなしだって。 

だから──今これ読んでるあなたが日頃この人に迷惑かけているなー、この人の時間を奪ってしまっているなーと思い込んじゃっているケースも、その人何だかんだ好きでそれやってるし、なんなら時間注ぐことでよりあなたへの好感度上昇するというシステム出来上がっているから、そういう意味では心配しなくて大丈夫よ。

そもそも好きとか嫌いという感情自体誰かに対して抱くものではあるのだけれど、感情である以上自分の中で起こっているものだからね。

誰かが好きとか嫌いとかいう感情を持っていて「えいや」とあなたの中に投げ入れているわけではないから。

間違いなくあなたの内から湧いているものだから。

そう考えると、あなたではない──目に見えている誰かしらの感情を完全に制御するだなんて土台無理な話じゃない。

それはその人発の感情で、あなたが与えたものではないのだから。

だから、相手の好意に対して自責の念とかぶつけても、ぶっちゃけ痛くも痒くもないのですよ。

好いている側からしたら。相手が何して来ようが、そんな相手が好きか嫌いかを決める権利は常にこっちにあるから。気持ちを変えるのはこっち側の都合だから。

カンザキイオリという魔法使い

さて──例の如く花譜ちゃんの歌ってみたなのだけれど。

カンザキイオリさんの破壊を匂わせる歌詞が殊更好きで。

『未確認少女進行形』の「あなたが泣くくらいならこんな街3秒でぶっ潰してあげる」に至ってはもうエモの波動で気ィ狂うかと思ったわ

花譜 #44「未確認少女進行形」【オリジナルMV】

私も──親愛なる誰かの爆弾になりてぇな。

正確には、爆弾になりてぇと思わせてくれるその誰かに出逢いたいです。

兎角──もし今さらになって将来の夢を尋ねられたとき、「ビーム撃ちてぇし、あと爆弾にもなりてぇ」と真顔で云えるような人物でありたいとは心底思うのです。

あなたは子どもの頃、何歳まで子どもでいたいと思っていましたか? ではまた! 

おすすめ楽曲
スポンサーリンク
管理人
kino tadashi

心理学と科学と妖怪学をこよなく愛する物書きの端くれ。
曲がりなりにもwebライティングで収入を得ているので、端くれの自称くらいは許されるだろうという認識でいる。
webライター、ブログ等で生計を立てるべく日々模索中。
WEBライター検定3級・ビジネス事務検定・校正技能検定初級取得済。

ムラサキゴテン

コメント

タイトルとURLをコピーしました