【小説感想】おつかれのようですね 『手乗り怪獣「みにた」と私』

おすすめweb小説
スポンサーリンク

【作品情報】

手乗り怪獣「みにた」と私』 作者 辰井圭斗

【紹介文】

なし

おねがい

本体は上記リンク先の「作品」であり、当ブログはあくまでオマケです。

作品を読んで面白いと思ったら、フォロー・星評価をよろしくお願いします

それが書き手の明日の糧につながるかもしれません。

【作品の感想】

読了後、『しねばいいのに』というタイトルのボカロ曲を思い出した。

殺意はない。ただ、自身のあずかり知らぬところでしねばいいのに。

そういった願いは、全肯定とまでは行かずともそれなりに共感できるものとして広く受け入れられがちであるように思う。

個人であれ組織であれ、特定の対象に危害を加えたいという欲求は、捉えようによっては非常にポジティブである。

障害となるものを排除して、視界をクリアにしたいと考えているわけだから、前向きか後ろ向きかで云えば前者だろう。怒りの感情が問題解決能力を高めるとは、つまりそういうことなのだと思う。

しかし、自身の行動が大前提とされるそれを達成するためには、当然エネルギー消費が伴う。

そんな余力はない。

加えて、危害を加える対象を絞るという行いも絞っているうちに一体この時間は何なんだと我に返ってしまったり、そんな自分を陰気臭いと判じて厭になってしまったり、絞り終えた時点でもはや復讐心より眠気が勝る程度の満足感が得られてしまっていたりする。

自分ではない何かしらが、いっそ全部を壮大に破壊しつくしてくれないものか──。

とどのつまり、「何もかも滅茶苦茶にしてやるぜ~」というエネルギッシュなそれではなく、生きるのがなんだかしんどい、人生に手詰まりを感じるとき、僕らは「怪獣」を求めるのかもしれないなぁなどと思った。

人はみな心にいつ怪獣になるともしれない「みにた」を飼っている(書いていて思ったが「怪獣飼ってた人を責めるマン」の中には、現れたみにたにゴキジェット吹きかけて、普通を選んだ人もいるかもしれない)。

結局、みにたと”私”は「言葉が通じてるんだが通じてないんだか、よく分からなかった」関係に終わるのだけれど、個人的にこれはそうドライな展開とも思えない。

ここでみにたと”私”が通じ合っていると明らかになれば、必然みにたは”私”のためを思ってこの惨状を招いたのではないかという懸念がより色濃くなってしまうので。

だから、通じてるんだか通じてないんだか、よく分からないくらいがきっとやさしい。

ここまでお読みいただきありがとうございました😌

また、もし「自作を読んでほしい」「自作を知ってもらう機会をちょっとでも増やしたい」という方がいらっしゃれば、コメント下さい。作品を読みにうかがいます(カクヨムであれば評価も行います)。

ただし、読んだ作品を100%紹介させてもらっているわけではないので、その点ご了承くださいませ。

ではまた~。

おすすめweb小説
スポンサーリンク
管理人
kino tadashi

心理学と科学と妖怪学をこよなく愛する物書きの端くれ。
曲がりなりにもwebライティングで収入を得ているので、端くれの自称くらいは許されるだろうという認識でいる。
webライター、ブログ等で生計を立てるべく日々模索中。
WEBライター検定3級・校正技能検定初級取得済。
一応カクヨムgoodレビュワーらしい。
自作小説に興味のある風変わりな方は、SNSアイコンの家マークをクリックしてどうぞ。

ムラサキゴテン
タイトルとURLをコピーしました