才能・夢に生きる人を描いたおすすめweb小説3選【カクヨム】

おすすめweb小説
この記事はこんな方におすすめ
  • カクヨムでおすすめのweb小説を探している
  • 「才能」「夢」という言葉に惹かれて──
スポンサーリンク

才能・夢に生きる人を描いたおすすめweb小説3選【カクヨム】

タイトルにある通り「才能・夢に生きる人を描いた(のだろうと私は解釈した)」作品を3つ紹介します。ジャンルはいずれも現代ドラマです。

よって、昨今ブームの異世界転生系などを求めてここにたどり着いた方は肩透かしを食らうかもしれません。それでも良ければお付き合いくださいませ😌

以下、ネタバレ注意。

おすすめweb小説① 『とある音楽家の遺言』

【作品情報】

『とある音楽家の遺言』 作者 saw

【紹介文】

 高校の管弦楽部に所属するヴァイオリンパートの俺と七海(なつみ)の話。
七海は天才だった、誰よりも――

感想

経済的理由という外部要因により、才能ある人が夢半ばにして頓挫するパターン

Twitterでもつぶやきましたが、嫉妬の対象がいつまでも嫉妬の対象でいてくれることは、実のところ結構幸せなことだったりします。いつまでもかの憧れが目の届くところで光り輝いてくれているなどと思うな──みたいな。

ただ、件の作品においては才能ある側が「心底君達が憎い」と胸の内を言語化してくれているので。”俺”からすると苦い話なのだけれど、一歩引いて見ると互いに思い思われている分、”不幸中の幸い”を描いた話であるようにも思います。

おすすめweb小説② 『Line』

【作品情報】

『Line』 作者 辰井圭斗

【紹介文】

 なし 

感想

才能ある人が異性であるパターン

こと「才能」を題材とした作品において、才能ある側が異性であるか同性であるかは結構重要だったりします。

たとえば──主人公が(異性愛者であること前提になるけど)男性として、嫉妬するその対象も男性であるとき、恐らくその感情はよりストレートで、しかし傍から見ると存外爽やかに映るのではないかと。

一方、嫉妬の対象が異性──それでいて見目形が整っているとなると、これはまあこんがらがる

この場合どちらがより気が楽かとか、そういう話ではないのです。

方向性が違い過ぎるあまり、比較のしようがないので。

おすすめweb小説③ 『野に消えた線路』

【作品情報】

『野に消えた線路』 作者 濱口 佳和

【紹介文】

 真夏の午後。誰もいない草叢を錆びた線路が続いている。
 その光景を憶えていますか。

感想

上記2つが才能のある人とない人を主軸にしているのに対し、こちらは今なお夢にいきている人を描いたパターン

「だから、夢を持たず流されるままの子供たちが歯痒かった」という一文がやはり好きで。

元より子どもたちは皆そういう気質であった──などと云えばそれまでなのですが、やはり「人は夢を追ってこそ」みたいな父の背中(当人に斯様な意図はなかっただろうが)が、かえって子どもたちを息苦しくさせてしまったのではないか、と。

夢を追う人が図らずももたらす”余波”を描いていて、凄い着眼点だなぁと思います。

 

おすすめweb小説+α 『黒ノ都』

【作品情報】

『黒の都』 11『Étoile』 作者 姫乃 只紫

【紹介文】

 読解難易度:HARD
 作者が十六歳の折にしたためた叫び。「02『Strawberries and Cream』」以降ほぼ残酷・暴力描写しかないため、苦手な方は読まないでください。

3選は終わったのでもう読まなくていいです

というか、上記リンク先が連載小説の一部なのでこれだけ読んでも甚だ微妙だと思います。が、一応概要だけ。

こちらは才能ある人がより適性のあるもの、情熱を注げるものを見つけてそちらに方向転換してしまうパターン

わかりやすく云うと、たとえば貴女が中学時代バスケ部のA子さんだとして。当時絶対的エースで皆の羨望の的だったB美先輩が卒業。その後、先輩と同じ高校に入学して「またB美先輩とバスケができる! 先輩のプレーが見られる!」かと思いきや、「テニスめっちゃ楽しいんだけど⁈ A子もやらない?」って欠片の悪意もなく誘われるタイプ。せめて勧誘とかいう死体蹴りやめろ

別に統計をとったわけではありませんが、リアルだとこのパターンが一番多いのではないかと思います。

諦めたのではなく、適性込みで吟味してこっちのルートの方が有意義じゃないかと判断した結果──みたいな。

ぶっちゃけ「夢半ばにして挫けた」というエピソードは共感を得やすいというか、開示の仕方によっては格好イイので。

自作語り不得手過ぎて何を云いたいのか自分でも皆目わからないのだけれど、”彼女”はただ小説好きで好きで仕方ないから書いていたわけじゃあなくて。

「将来の為、こんなものより時間を費やすべきことが他にある」と解っていながら、それでも書かずにはいられなかった──みたいな在り方が好きだよ、好きだったよとだけ。

まとめ:おすすめweb小説を読む前に

最後にお決まりの文言を張って締め括りたいと思います。

おねがい

本体は上記リンク先の「作品」であり、当ブログはあくまでオマケです。

作品を読んでちょっとでも「面白い」と思ったら、ブックマーク・ポイント評価をよろしくお願いします。

それが、書き手の明日の糧につながるかもしれません。

ではまた~。

おすすめweb小説
スポンサーリンク
管理人
kino tadashi

心理学と科学と妖怪学をこよなく愛する物書きの端くれ。
曲がりなりにもwebライティングで収入を得ているので、端くれの自称くらいは許されるだろうという認識でいる。
webライター、ブログ等で生計を立てるべく日々模索中。
WEBライター検定3級・校正技能検定初級取得済。
一応カクヨムgoodレビュワーらしい。

ムラサキゴテン
タイトルとURLをコピーしました