2,925文字で読めるサクセスストーリー 『恋を成就させるためにこの十連休、努力を重ねる友人と僕の話』

おすすめweb小説
スポンサーリンク

【作品情報】

『恋を成就させるためにこの十連休、努力を重ねる友人と僕の話』 作者 武石雄由

【紹介文】

今日からゴールデンウィーク。しかも今年は十連休。だが友人は意中の彼女の頼みで十連休のバイトのシフトの交代を安請け合い。しかもそのフォローに駆り出されることとなってしまった僕。

※某掲示板の企画用に、勢いで書きなぐった作品です。せっかくですのでこちらでも投稿いたします。

※小説家になろうと重複です。

本体は上記リンク先の「作品」であり、当ブログはあくまでオマケです。

作品を読んでちょっとでも「面白い」と思ったら、ブックマーク・ポイント評価をよろしくお願いします。

それが、書き手の明日の糧につながるかもしれません。

【作品の感想】

端的に云えば、「献身的に尽くしていれば努力は報われる」というメッセージ性のこもったサクセスストーリーです。

人は”正しい方向”に努力を続けることで成功を手にすることができる──そんな当たり前だからこそ、誰もが視界の隅っこに追いやりがちな事実をこの作品は真摯に教えてくれます。

この“正しい方向”に努力を続ける──というのがミソでして。

「無駄な努力」なんて言葉がありますが、あれは何もその人自身の才能を否定するとか、努力そのものを無碍にしているわけではなく、どれだけ時間をかけたところでそもそも努力のやり方があまりに頓珍漢だったら無駄だよねというありがたいご指摘なのであります。

たとえばの話、「よーし、夏までに腹筋割るぞー! ワンダー〇ア買うぞー!」いや、腹筋割りたいならスクワットでええやろ、腹筋消費カロリー少な過ぎひん? とかね。

「健康のためにドライフルーツを毎日食べて、フルーツジュースも欠かさず飲んでるんですよー♪」いや、明らか糖分過多やろ、フツーに生の果物食えやとかね。

努力の量もそれなりに大切ではありますが、真に望む結果に効率よく辿り着きたいのであればまず優先すべきはやり方の工夫。つまりは頭を使えということなのです。

努力をするにもまず「計略」が肝心──ということをこの作品は読者に教えてくれるのです。

余談ではありますが、「嫌なことは飲んで発散しようぜ」は正直おすすめしません。

アルコールは悲しい記憶を定着させる効果があると云われているからです。お酒は楽しい気分のときに嗜んでこそ。

とはいえ、「僕」の立場を思えば、これもまた計略の一つかもしれない。

お互いお酒が入っていたから、つい──。云い訳をつくることって大事ですからね。文字通り忘れられない夜にしたいのかもしれない。

さて、この十連休僕と友人は努力を重ねたわけですが、これから何を重ねるつもりなんですかねぇ(にやけ舌打ち)。

同作者の作品はこちら
おすすめweb小説
スポンサーリンク
管理人
kino tadashi

心理学と科学と妖怪学をこよなく愛する物書きの端くれ。
曲がりなりにもwebライティングで収入を得ているので、端くれの自称くらいは許されるだろうという認識でいる。
webライター、ブログ等で生計を立てるべく日々模索中。
WEBライター検定3級・ビジネス事務検定・校正技能検定初級取得済。

ムラサキゴテン

コメント

タイトルとURLをコピーしました