「小説を書きたくなる小説」 『歪んだ真珠達』

おすすめweb小説
スポンサーリンク

【作品情報】

『歪んだ真珠達』 作者 佐倉島こみかん

【紹介文】

かつてピアノの神童と呼ばれた気の弱い神奈と、お姉さん気質でしっかり者のフルート奏者である麗。親友同士の二人だったが、あるコンクールをきっかけに、気持がすれ違い出す。

“歪んだ真珠”を意味するバロック音楽のように、追いかけ合いすれ違う少女達の気持ちの行方は?

おねがい

本体は上記リンク先の「作品」であり、当ブログはあくまでオマケです。

作品を読んでちょっとでも面白いと思ったら、ブックマーク・ポイント評価をよろしくお願いします。

それが書き手の明日の糧につながるかもしれません。

【作品の感想】

某講評にて同作者様の別作品が「小説を書きたくなる小説」と評されていたものですから、「どのような作品をお書きになるのだろう」と興味を持ち、はせ参じた次第。

【講評】佐倉島こみかん「ハッカ味ドロップス」

持てる者である神奈と持たざる者である麗。追いかけて、追い抜いて、すれ違って。

展開部で終わってしまった二人の関係性を、主題が再び現れる再現部へと繋げたのが、ある種最強の問題解決ツールである「十年の歳月」だった──という点が作品を「物語」として捉えたとき、やはり些かの物足りなさを感じさせますが(歳月に依ること自体は悪手ではないと思うのですが、少し依り過ぎたかなと)。

一方で、それを補って余りある勢いを感じる作品でした。

第2話の後半──神奈の演奏シーンがあるのですが、ここが見どころで。

というのも、彼女は持てる者ですから。第1話にも演奏シーンがあるのだけれど、こちらでの神奈の立ち位置は伴奏なので、麗の様子を窺いながら合わせにいっている。なら、神奈一人の演奏シーンでは、如何様な表現がなされるのだろうと思っていたら、「成程そう来たか」と。

さあ、救済へ向かおう。

凡庸な人であれば、演奏の妨げにしかならないであろう怒りや苦しみさえ、才ある彼女の前では楽音に彩を与えるポジティブなものへと変換されてしまう。神奈が持てる者であると、改めて読み手に認知させる良いシーンだったと思います。

ただ、何より──演奏シーンから読み手を圧倒してやろう、あっと云わせてやろうという気概を感じました。当然、登場人物の音楽に対する熱意もそこにはあるのでしょうが、ここで読み手を惹きつけたい、魅了したいという書き手の強い想いも感じました。

そういう意味では、こちらの作品もまた「小説を書きたくなる小説」なのでしょう。

おすすめweb小説
スポンサーリンク
管理人
kino tadashi

心理学と科学と妖怪学をこよなく愛する物書きの端くれ。
曲がりなりにもwebライティングで収入を得ているので、端くれの自称くらいは許されるだろうという認識でいる。
webライター、ブログ等で生計を立てるべく日々模索中。
WEBライター検定3級・校正技能検定初級取得済。
一応カクヨムgoodレビュワーらしい。

ムラサキゴテン
タイトルとURLをコピーしました