歩みを止めないひと 『野に消えた線路』

おすすめweb小説
スポンサーリンク

【作品情報】

『野に消えた線路』 作者 濱口 佳和

【紹介文】

 真夏の午後。誰もいない草叢を錆びた線路が続いている。

 その光景を憶えていますか。

本体は上記リンク先の「作品」であり、当ブログはあくまでオマケです。

作品を読んでちょっとでも「面白い」と思ったら、ブックマーク・ポイント評価をよろしくお願いします。

それが、書き手の明日の糧につながるかもしれません。

【作品の感想】

「代わりに、何十年も前の工房の話をよくするようになった」の一文を”再度”目にしたとき、思わず胸に迫るものがありまして──。

最初、記憶の砦が崩壊したあとの父は、芸術家になりたかったあの頃を繰り返しているのだろうなぁなどとぼんやり思っていたのですよ。それが、かれの記憶の中で最も輝いていた頃だから。輝きを目指していた頃だから。

ただ、件の一文が目に入ったとき、はたとこう思いまして。

父が、最も自分らしく在れた頃として繰り返しているそれは、云い換えれば良くも悪くも”家族に縛られていなかった頃の自分”なのではないかと。

“わたし”の知る父はとうにエンジニアだったわけですから。

それゆえ、”わたし”の立場からすると中々に感じ入ってしまうものがあり──。

「だから、夢を持たず流されるままの子供たちが歯痒かった」の一文にしても、固執する父の姿が、かえって”わたし”をはじめとする子供たちの生き方をそちらへと傾けてしまったのではないかと、推し測ることもできるわけでして。

諸所の理由から私は夢や人生の目標必須ではない派なのですが──それでも、歩みを止めないひとは美しいと思うのです。

それが、たとえおだやかなゆめのなかでも。

余談。”わたし”の目前に線路があらわれたシーン、嗅覚に関する描写がないにもかかわらず、夏の匂いを感じました。息をするのもやや億劫なあの感じ。余白で魅せるとはこういうことなのだろうなぁと改めて。粋ですね。

同作者の作品はこちら
おすすめweb小説
スポンサーリンク
管理人
kino tadashi

心理学と科学と妖怪学をこよなく愛する物書きの端くれ。
曲がりなりにもwebライティングで収入を得ているので、端くれの自称くらいは許されるだろうという認識でいる。
webライター、ブログ等で生計を立てるべく日々模索中。
WEBライター検定3級・校正技能検定初級取得済。
一応カクヨムgoodレビュワーらしい。

ムラサキゴテン

コメント

タイトルとURLをコピーしました