文字で描いたタンカ 『波羅蜜』

おすすめweb小説
スポンサーリンク

【作品情報】

『波羅蜜』 作者 私は柴犬になりたい

【紹介文】

 なし

おねがい

本体は上記リンク先の「作品」であり、当ブログはあくまでオマケです。

作品を読んでちょっとでも面白いと思ったら、ブックマーク・ポイント評価をよろしくお願いします。

それが書き手の明日の糧につながるかもしれません。

【作品の感想】

カメレオン俳優ならぬカメレオン作家だな──とつくづく思いまして。

書き出して早々他の作品に触れるのも何ですが、たとえば同作者の『蔦と宿木は絡み合う』──あちらで用いられている表現は、”当時”のエス小説なのですよ。

「廊下のワックスの匂い」なんてまさにそれで、実際少女小説をお読みになったことのある方ならお分かりでしょうが、「そんなところ書きます?」と云いたくなるくらい些末に言及するのですよ。

この点に関して「かつての文芸家は現代人より感覚が繊細だったんやろうなぁ」と捉える人が偶におりますが、個人的には今みたく手軽に書いた文字を消せない=走り出した物語を迂闊に引っ込められないという背景も少なからずあったのではないかなぁ──というふうに思うております。異論は認める。

さて、次いで触れますのは同作者による『あなたとわたしの時間が止まるまでは』なのですが──こちらで用いれている表現の数々は、まさしく”現代”の百合小説なのですよ。

夏に聴きたくなるJ-POPの歌詞なのですよ。

たとえるなら作品毎にあらかじめ使うことのできる絵具が決まっていて、それのみを頼りに作品を描きあげているような、そんなストイックさをひしひしと感じるのです。

件の作品、「白魚の指」という表現が挿し込まれているのですが、これには私控えめに云って舌を大車輪させまして(舌を巻くの最上級くらいの解釈でお願いします)。と云いますのも、お読みになっている皆々様にお尋ねしたいのですが、「白魚の指」という表現──使うことに抵抗覚えません?

あまりにも、手垢に塗れているじゃあありませんか。

そう、ベタな表現って使うのに勇気が要るのですよ。私なら、怖くてまず手をつけません。もちろんその辺りが些か鈍ければ、挿し入れること自体は甚だ容易でしょうが、その場合「白魚の指」は概して浮きがちなのですよ。

ところが──ところがですね。

件の作品における「白魚の指」はまさしく到彼岸を彩るひとひらなのですよ。読み手に何ら違和を与えることなく、ただタンカの如き絢爛さを彩なすひと筆としてそこにあるのですよ。

だから、これは文字で描いたタンカ。

目に痛いほど鮮やかで、なまなましい彼方。

同作者の作品はこちら
おすすめweb小説
スポンサーリンク
管理人
kino tadashi

心理学と科学と妖怪学をこよなく愛する物書きの端くれ。
曲がりなりにもwebライティングで収入を得ているので、端くれの自称くらいは許されるだろうという認識でいる。
webライター、ブログ等で生計を立てるべく日々模索中。
WEBライター検定3級・ビジネス事務検定・校正技能検定初級取得済。

ムラサキゴテン
タイトルとURLをコピーしました